資生堂メン

スキンエンパワリングクリームの前には?アンチエイジングの最強コンビ

スキンエンパワリングクリームは、これ単独でも使えなくもないですが、やはり化粧水はあった方がよいです。

関連記事>>>本気のアンチエイジングはクリームが大事、買い方も大事【メンズ デパコス】

アクティブ コンセントレイティッド セラム

資生堂メンのスキンエンパワリングクリームの前にはアクティブ コンセントレイティッド セラムを使っています。これは正確には化粧水ではなくて美容液に分類されていますが気にしなくていいです。

[ ステップ1洗顔 → ステップ2化粧水orセラム → ステップ3クリーム ]

スキンケアステップのステップ2としての資生堂メンのラインナップの中では、一番高価で唯一種別がエイジングラインでもあるこれが一番効くだろうと、正直それだけが理由で使い始めました。

クリーム前に使う化粧水としては、資生堂メンのハイドレーティングローションが定番でしたが、それはあまりにも普通の化粧水なので「本気でアンチエイジング」するならば、スキンエンパワリングクリームと同じ資生堂メンのエイジングラインであるアクティブコンセントレイティッドセラムをチョイスするしかなかったのです。

あくまでエイジングを重視ということで現在使用中ですが、まあまあ満足しています。

クリームの前に2プッシュほど使用しています。

 

ただしこのアクティブコンセンレイテッドセラム…デメリットとしてはすぐなくなる

最初は気のせいかと思ったんですが何度もリピートしてて、やっぱり毎回すぐなくなる(確信)…これは正直コスパ悪いかなと思わなくもない。

スキンエンパワリングクリームと同時に使い始めてもやはりいつもこっちのが早くなくなる泣

ただこちらもクリームと同様にかなりしっとりしてて人によっては使用量を調整できるかも。

そして予算さえ確保できれば アクティブ コンセントレイティッド セラム からの スキンエンパワリングクリーム! このコンボがエイジングケアのための最強ペアなのは間違いありません。

 

  • アクティブコンセントレイティッドセラムの成分表

カタログ ↓

 

ハイドレーティングローションに替えるかは好みで

クリームの前にはみずみずしい化粧水じゃないと嫌だ派の人もいると思います。

そのような方には、やはりハイドレーティングローションがおすすめです。

ハイドレーティングローションは資生堂メンの化粧水の中で一番売れています。

他にもトーニングローションなどありますが正直選択肢には入りません。よほど乾燥肌の人ならば化粧水に替えて乳液 (=モイスチャーライジング エマルジョン) がいいとは思いますが。

 

資生堂メンの化粧水ラインナップ参考↓
資生堂メンのカタログの化粧水のラインナップ

 

クリームの前に使う化粧水としてはハイドレーティングローションのほうがセラムよりダンゼンつけやすいです。
ボトルから手に取りやすいし肌になじみやすい。

よってスキンエンパワリングクリームを使う前の化粧水としては、、、

使用感を重視するならば (あと安さも)『ハイドレーティングローション』

エイジングケアを重視するならば『アクティブコンセントレイティッドセラム』 がいいのではないかと思います。

アクティブコンセントレイティッドセラムは、なぜか品薄になりやすいので代替品としてもハイドレーティングローションがおすすめ。