役立つグッズ

良い睡眠のための寝具メーカー選び【おすすめマットとアレルギー対策】

睡眠時間はたっぷり7時間以上はとるようにしたい。

さらにマットレスやマクラなど寝具は、365日繰り返し使っていくものなので、なるべく選ぶようにしたほうがよい。

 

「睡眠」それだけは絶対に妥協したくはない。

 

寝具はヒンパンに買うことがない

ベッド、マットレス、フトン、人生においてひんぱんに買うことのないものたち。

ひんぱんに買うことのないものは「捨てるのに負担がかかるもの」だから「良いものを買っておく」という鉄則あり。

睡眠用具もそうですが例えば服のアウターもそう。

呪いの装備のように「どうせ捨てられないもの」ならば後に邪魔だと思えないくらいのものを買っておく。

ムダな固定費や消耗品の出費を削ってでもそちらに寄せていく。

コートやブルゾンなどのアウターは高くていいものを、Tシャツはどうせ黄ばむしヨレヨレになるので消耗品だと割り切る。アウターは高くインナーは安く。

「ブランドものであってもくたびれた白Tシャツ」と「新品ユニクロ白Tシャツ」ならば、後者の方がダントツ清潔カッコよく、さらに高い上着と組み合わせてキマります。

 

インテリアや部屋に置く系のものは、本当によく選んで買わないと後悔する。

お金は使うべきところの「かんどころ」をおさえることが大事。

おすすめ寝具メーカー

はいムダな前振りはいいとして、寝具の定番メーカーやそこのおすすめのもの、さらにその買い方までちょちょっとピックアップしていきます。

でも快眠のためには普段の部屋の掃除とかアレルギー対策の方がよっぽど大事だったりもします。

まずは寝室を綺麗に保つこと。

そして寝具のチョイスもラグジュアリーなものではなくて機能重視です。

人によって反発タイプやサイズでの合う合わないがあるので、特にマットレス購入の場合、取り扱い店舗やショールームをメーカーのホームページで確認し、現物を試してからにした方がよいです。

 

あとつくづく思うことは…寝具って選んでいると「有名アスリートが使っている」って売り文句には相当に惹かれてしまうことに気づきました。

た、ただのミーハーなのか。でも誰の目にもとまることは間違いない。

寝具メーカーがいかにマーケティングの重みをここに置いているのかがよくわかる…

 

最初は信用ある定番を知ることです。寝具ははずすとイタイですから。

寝具はやっぱり西川

西川の寝具のイメージ画像

まず寝具といえば西川。羽毛の掛け布団からマットレスまで、超有名で疑いようがなく使える。

迷ったら「西川」で間違いない。

 

西川は別々の会社だった

しかし、寝具メーカーとしての「西川」って資本関係のない「西川産業 (=東京西川)」「西川リビング (大阪)」「京都西川」「昭和西川」など複数あってわかりにくいです。

今までず〜と使ってきて、これ知ったとき「グループ会社じゃねーのかよ」ってツッコミました。

これら「西川」と名のつく会社は元をたどれば起源は同じで、どの西川でも老舗中の老舗なので一定以上の高品質さがあることに間違いない、が、別の会社である以上、商品や得意分野も微妙にちがっていたり。

西川の中でも本流というか一番大きいところが東京西川 (=西川産業とだけ覚えておけばいいです。

そして最近になって昭和西川以外の上記3社が約80年ぶりに再統合するなんて話も出ています。支店のように独立した東京、大阪、京都が合流するのですね。

 

東京西川マットレス「AiRシリーズ」

メーカーの話はここまでにして、

「ネイマールが選んだマットレス」として有名なのが東京西川の「AiR (エアー) シリーズ」。

これ使えばマリーシアがはかどりそう。じゃなくて ネイマールが本当に使っているのかは知らん…がネイマールだけじゃない、田中将大大谷翔平も使用中!

このマットレスは、点で支えるウレタンの凸凹構造によってカラダへのストレスを軽減して良質な眠りを実現しています。

それはもうメジャーな商品なんで取り扱い店舗が多くて (都内だと各百貨店、東急ハンズ、TBC、島忠ホームズ、大塚家具など) 購入しやすさ、質の良さといいおすすめです。

AiRの構造写真

 

AiR (エアー) のラインナップはわかりにくいですが、↓ ここだけ読めばオーケー。

畳や床に直接敷いたりマットレスの上にさらに重ねて使う薄いタイプの「マットレス」 か ベッドに単体で敷く厚いタイプの「ベッドマットレス」2種類の「厚さ」から選びます。

さらに「ベーシック」「ハード」2種類の「硬さ」からも選びます。

AiRの硬さの選び方の目安

 

グレードは[ 01 < 03 < SI < SX ]の順。右にいくほど上位グレードとなります。

01SE というスペシャルエディションもありますが、01 と価格も性能的にもあまり変わりません。

 

あとはシングルサイズなどの「サイズ」を選びます。

 

AiR (エアー) のデメリットとしては凸凹構造だけあって、その突起が劣化しやすい分、通常のマットレスより寿命が短いようです。私のはまだ気にならないですが。

現物を試して気に入ったのなら、Amazon、楽天でも「東京西川 エアー マットレス」と検索すればでてきます。

  • 01 の敷く (8cm) タイプ
  • 01 のベッド (14cm) タイプ

 

昭和西川

凸凹構造のコンセプトの「ふとん」である「ムアツシリーズ」で有名なのが昭和西川。

昭和西川の公式ではラインナップ豊富でアウトレットの取り扱いもあり。寝具はこれでそろいます。

創業70年・信頼の布団メーカー!寝具選びは、多数のブランドを取り揃えた昭和西川の公式サイト「西川ストアONLINE」へ!

 

最後にもう一度言います。マットレスにしろ、敷き布団にしろ、掛け布団にしろ、

迷ったら「西川」で間違いない。

 

アレルギー持ちの人には必須

睡眠とアレルギー対策のイメージ画像

次にアレルギー対策ならば「防ダニのシーツ」が便利です。

アトピー、アレルギー持ちの人にとって、ハウスダストもそうですが布団まわりの最大の敵はダニです。

ダニの死骸やフンって布団の中に入り込むとででてこなくなるんですよ。怖、、、

不衛生な睡眠だけは絶対にしたくない。

快適な睡眠を追求するならば、むしろこだわるのはここ!

どれだけ部屋を掃除したところで中に入り込んだダニは除去できないのだから。

アレルギー対策寝具の専門メーカーのシーツ「ディーガード」ダニ完全シャットアウト。手入れも楽です。

掛け布団、敷き布団、枕用のシーツに加えてベビーサイズもあります。

ダニ、ハウスダストはもちろんのことフケや皮脂をも通しません。

ハウスダスト対策に生地表面からのダニ通過率0%の布団【ディーガード】

 

 

お高い布団を使っていても中が脂やダニでボロボロなら意味がないので、古い羽毛布団があるなら丸洗い業者を使ってみるしかない。

手持ちの布団も一度丸洗いした後に、上記のディーガードシーツを使えば布団内部でダニが繁殖しにくいです。

脂落とし、ダニとカビ対策に、下記リンクは布団丸洗いサービスの元祖フレスコ

→ ダニアレルギー対策に布団丸洗いの「フレスコ」

 

 

通常のダニ対策としては、束で売られているような小さいダニ対策シートをシーツに忍ばせておくとよいです。

 

コスパ良い三つ折りマットレス

他に定番ではずせないのがイタリアの寝具メーカーのマニフレックス。

香川真司をはじめ日本ではアスリートがよく宣伝しているので有名ですね。

ここは高反発な商品をウリにしていて、比較的硬めのマットレスは体圧を均等に分散して理想的な寝姿勢を保つように開発されています。腰痛に悩んでいる人にも人気がある

私的には、現在サブで使っている三つ折りタイプのマットレス「メッシュウィング」が非常にコスパが良い!!もちろんメインとしても使える。

マニフレックスのメッシュウィング

三つ折りマットレスの長所は「収納性とメンテのしやすさ」。干すのは部屋の中で立てかけとくだけです。

立てかけたメッシュウィング。カラーはグレー
立てかけたメッシュウィング

注意として、いくら取り回しが良いからといって直に敷くことはオススメしないとマニフレックスアドバイザーの人が言っておりました。

床がカビるので、普通に「すのこのベッド」に敷くこと。

東京西川など他のマットレスの予算が合わない場合に、このメッシュウィングがおすすめです。

 

ちなみに枕もマニフレックスのピローグランデを使用中。広い枕が首の形に合わせるように支えてくれて、筋肉を使わずにリラックスした状態で気持ちよく眠れます。

マニフレックスのピローグランデ
created by Rinker
magniflex (マニフレックス)
¥18,783
(2020/10/24 07:02:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

通販のマニフレックス認定ショップならば、ただでさえコスパよいメッシュウィングさらにアウトレット価格になっていることがあるので要チェックです。

【マニフレックスの正規通販】

 

目指すはホテル・旅館のような良質空間。それはお金をかけなくともできます。

部屋を清潔にして質の良い寝具をそろえたのならば、次は睡眠の意識改革です。

関連記事:最適な睡眠のための意識改革【適切な時間、朝型生活のメリットと始め方】