節約

【2020年版】節約のまとめ【生活の負担をなくす!】

ここらで「節約」のまとめです。

スーパードケチな当ブログ管理人が思いつくままに書いていきます。

これは単に生活を楽にしていくためということと、

このブログ的にムリなくデパコス (デパートコスメ) を長く使っていくための「秘けつ」であります。

ムダな固定費を削減して浮いたお金で質の高いスキンケアをしてみてください。本当に続けていくことでちがってきますから!(切実)

 

このブログを通していいたいことは、節約生活を送ることではなくて、本来必要ない出費や固定費を削って、その分で高品質な「スキンケア」あるいは「株」を買うことにあてるということ。

とはいってもこのことは、あまり気にしないでください。

このページを読めば普通に節約ができます。

劇的に人生のムダ使いがなくなります。

クレジットカード決済と電子マネー

クレジットカード決済のイメージ

まず基本的に、すべての決済はクレジットカードか電子マネー払いにします。クレジットカードの場合、もちろん一括払い。

銀行引き落としにしてもポイントもマイルも貯まりません。

世界的にキャッシュレスの流れで、現金で払う理由がありません。

使うクレジットカードは、その人によってですが、

おすすめなのは、やはりネットでの買い物が有利になる楽天カード (次点でYahoo! JAPANカード)。

関連記事
すべての消費を楽天経済圏ですませるポイントほったらかし投資術

 

これからも 楽天ポイント Tポイント ポイント市場では覇権をとり続けるでしょう。

楽天証券で楽天のポイントで投資信託が買えるのと同じように、SBI証券でもTポイントで投資ができるようになりました。

(追記:Tポイントはドトールなど撤退の動きがあり少し雲ゆきがあやしくなってきました。スマホ決済PayPayが台頭してソフトバンクグループも撤退なら乗りかえでしょう。)

 

高級レストラン同伴者無料のアメックスゴールド、ポイントと宿泊券で高級ホテルに泊まれるSPGアメックスなど、元が取れるのなら年会費あるアメックスもおすすめです。

各自のライフスタイルに合わせたお決まりのクレカで、なるべく1つのクレカに集中させて使うべきです。

電気代、水道代、ガス、スマホ料金、BSなどケーブルTVやネット代、可能な限りすべてクレカ決済でまとめます。

 

なにも年会費のあるクレジットカードを持たなくとも、レストランやスパの予約を一休からすれば十分な特典は受けられます。

電子マネー

ビックカメラスイカカードとビューアルッテ

コンビニなどの少額の会計でわざわざクレジットカードを使いたくない場合もあると思うので、その場合、

Suicaクレジットチャージ (電子マネーの入金をクレカで支払うこと) ならば1.5%還元なので、JR東日本のビューカードが優位です。

ビューカードの中でも年会費を実質無料にできるのはビックカメラSuicaカード。

Suicaはほとんどの店舗で使えるので、とにもかくにもSuica払いです。

ほかに1.5%も還元される支払い方を私は知りません。

電子マネーの王者は圧倒的にSuicaです。

Suicaの欠点としては、この話自体が東日本限定になってしまうこと、Suicaのクレジットチャージができるビューアルッテ (というATM) のある場所が限られていること、チャージできる上限が2万円までということです。

 

楽天エディー付きカードとファミポート

次点で楽天Edy。

Suicaよりチャージできる額が多く、全国区であり、コンビニでチャージできる点がメリット。

例えばツルハドラッグの会計では、楽天ポイントをつけて、ツルハポイントカードもつけて、クレジットチャージした電子マネーで支払うことでもポイントつけてってな具合にポイント何重どりもできてしまいます。

 

電子マネーに関してはお住まいの地域にもよるので、イオンのWAON (ワオン) を活用している人も多いのではないかと思います。

なので大事なことは、電子マネーはクレジットチャージして、ポイントを何重どりもするようにしろ!と、これだけが言いたかった。

 

セブングループのナナコ (nanaco) は本家のセブンカードでのクレジットチャージでさえ還元率が低い (0.5%) のですが、ナナコの強みはセブンイレブンにて年金、保険、税金など公共料金の納付書ですらナナコを使って支払えることにあります。

ここで注目ですが、高還元の【リクルートカード】でナナコにクレジットチャージしてもポイントが還元されるので公共料金はナナコで払うようにしています。

注意点として、ナナコで1回の会計で支払えるのはカードに入っているチャージ額分 (5万円) + センター預かり分 (5万円) の実質合計10万円までで、センター預かり分も支払いにあてることを店員さんに説明する必要があります。

リクルートカード以外の定番のカードではクレジットチャージをしてもポイントはつかなくなってしまいました。

追記:さらに2020年3月より本家が発行するセブン系のクレジットカード以外ではクレジットチャージするためのカードの新規登録ができなくなってしまいました。

3月11日以前に登録をしていたクレジットカードについてはナナコにクレジットチャージできます。

Amazonでの買い物は

Amazonでの買い物はAmazonギフト券チャージタイプを利用することでポイントがついてお得になります。現金からAmazonギフト券チャージタイプに残高追加 (チャージ) するたびに最大2.5%のポイント還元です

アマゾンで買うと決めている人ならば、あらかじめ90,000円以上チャージしておいてもいいでしょう。

しかし少額のチャージでの0.5%や1%還元となると一般的なクレカ決済のポイント還元と変わらないので旨味はありません。クレカでのAmazonギフト券チャージはポイント還元されないことにも注意です。

Amazonギフト券チャージの還元率

送料無料・動画見放題の特典あるAmazonプライムはすぐにもとが取れてしまうので入っておいていいでしょう。

「Amazon プライムデー」を狙って買い物をするとお得度は凄まじいです

移動コストを削減する

空港利用のイメージ

移動コストは削減すること。クレカ決済でポイントやマイルも貯める。

電車運賃にポイントつけられるのは、さすがにSuicaくらいなもんですから、私はビューカードのポイント (現名称JRE POINT・旧名称ビューサンクスポイント) はそのままSuicaに交換します。

個人で新幹線乗る場合にも、JR東日本ならば「えきねっと」、西日本ならば「e5489 (いーごよやく)」のネット画面から早めに特割で予約しておきます。

飛行機のマイルについては、よくわからずに貯めていなかった期間があっても、じつは半年以内ならば事後申告でつけられます。

ツアーなどでついたマイルも事後申告できます。

旅行の際にも新幹線のグランクラスや飛行機のビジネス以上に乗るくらいなら、そのぶん現地で奮発した方がよい!

移動やフライトにコストはかけない方がいい。

しょせん移動は移動でしかない。

お金多く払ったぶん早く目的地に着くなら払ってもいいのです。しかし同一車両や同じ航空機内で椅子がちがうだけで着く時間は同じ。

 

ホテル・旅館は一休からお得に予約。

固定費の削減

PCとスマホとタブレット利用イメージ

次は固定費の削減です。

とくに最近では月額課金のサービスが増えているからこそ、必要のないサービスは削っていかなくてはなりません。

 

注意しなくてはいけないのが通信費です。

インターネットとケーブルテレビなど1つの会社にまとめることによってセット割引が適用されてトータルで安くできないかとか、携帯プランでムダなオプションに入っていないかをチェックしていきます。

一番バカにならないのがスマホの利用料。

大手キャリアが料金値下げの動きを見せてはいますが、じつはこれ毎度のこと (そんで思ったほど安くならないパターン) なので格安SIMにしてしまったほうが早いです。

これから大手キャリアが本当に値下げするとなれば格安SIMはさらに安くなるはず。

関連記事
スマホを格安SIMにするやり方。MNPで変更するならどこがいいか

キャリアメール・プロバイダメールで自分を縛ってしまうワナ

これ本当にありがちなことなんですが、契約中のインターネットプロバイダのプロバイダメールを使い続けて、そのメールでネット上の各サービスに登録しまくっていると途中でプロバイダをかえるにかえられなくなってしまうんです。

メールアドレスがかわってしまうことによって、各サービスにメールアドレスの変更申請するのがめんどくさくなる。

私もこのワナにはまってしまったのですが、、、

他のインターネットプロバイダに乗り換えた方が安くなったり、他業者でセット割り適用させた方がいい場合でも動けなくなってしまう。

ネット銀行など多くのサービスに登録したメールを変えるに変えられなくて、時間だけが過ぎていくパターン。

その間、固定費ズルズル。

これは昔、携帯電話のキャリアメール変えたくない人が、他のキャリアに変えれば明らかに安くなるのに変えられないのと同じ状況です。

早めに登録メールアドレスを整理して対処しておきましょう。

ヘアカット・ひげ剃りの替え刃などのプチ節約

朝の洗面所イメージ

消耗品に金かけてもしょうがない。

あなたが男性の場合、ひげ剃りの替え刃を節約したいなら「貝印」社製がいいです。安くて質がいい。

 

ヘアカットについて。私は美容室でヘアカットしてもらっていますが予約が取れなかったときに、1,000円カットでおなじみの「QBハウス」を試してみました。正確には1,200円前後に値上がりはしましたがそれでも安い。

意外に満足しました。

男性の場合、髪が短いので美容院にいくペースは、じつは女性より早くなります。そんな中、仕事帰りにパッと切れることは一時しのぎとして重宝する。

美容院は予約していたとしても待たされる時間が長いのに対して、QBハウスでカットしてもらうとわかるのですが仕事の効率化がすごい。

壁の下の隙間が掃除機になってるし。

ただし美容師さんの指名ができないので本命にはならない。私は指名できる本命の美容室と、パッパと切りたいときのQBハウス使いわけています。

保険も最小限です

家族構成によってかわってくるのでなんともいえませんが、入らなくてもいい保険に入ってる人は多いです。

保険に入るにしても料金体系が複雑ではない掛け捨ての商品から選んだ方がよいということがあります。

お金を貯めたいならば、基本的にシンプルな共済のみで貯蓄型の保険はムダくらいに思っていたほうがいいです。独身ならなおさら。資産運用を兼ねる系の保険にはとくに注意。

日本のいいところとして、国民皆保険で「高額療養費制度」もあるので、医療費は貯金 (1人あたり50万ほどとっておく) でまかなうくらいの感覚のほうがよいと感じています。

ふるさと納税などの税制上の優遇措置

制度上、個人が利用できるもので大きく有利にしてくれるものに「ふるさと納税」「NISA」「確定拠出年金 (iDeco)」「住宅ローン控除」があります

運用の戦略は個人の状況や方針によってかわっていき、住宅の話は壮大になってしまうので、この中で一番カンタンまずやるべきなのは「ふるさと納税」です。

関連記事
ふるさと納税のやり方(おすすめはふるなび)話題のアレに寄付してみた

楽天ユーザーは「楽天ふるさと納税」からの寄付がお得です
楽天ふるさと納税があまりにも買い物と同じ感覚すぎてビビる。ポイントもらえる!ポイントで支払える!

制度を利用しての投資運用

投資運用をするにしても節税ができるところから優先的にうめていったほうがいいということがあります。

「つみたてNISA」「iDeCo」は自身で金融商品を選んでの運用となってしまうのですが、

30代、40代ならばあまり元本保証にこだわる必要はないかなと思います。

世界や全米の株式をまるごと買えるような投資信託をチョイスすること。

およその最適解といえば「S&P500」という米国株式の指標に連動する投資信託を選ぶことです。

 

私は「つみたてNISA」ではない普通の「NISA」のほうがダンゼン好きです。

理由としては、つみたてNISAではないNISAの場合だと吐き出された配当をも非課税にできてしまうことにあります。枠も多く自由度を求めるならこっち。

NISAを使っての成長株 (値上がりの利益をねらうこと) は、ハズしたときに損益通算ができないのでやりません。

NISAで買うものとして検討するものは、S&P500指標に連動する投資信託、米国のETF、日本の高配当株です。

このへんの話はここまでにします。節約というより投資の掛け金は出費となってしまうので、、、

最後にさらっと重要なことをいうと、投資は適正がありますしリスクあるので、やるとしても「つみたてNISA」と「iDeCo」のみと割り切ってしまうのもそれもまたあり。そんで仕事を頑張る。

 

 

かけ足になりますが、自身が住む不動産については資産価値が落ちない物件を、住宅ローン控除をフル適用して10年経ったら残りいっぺんに払うのが理屈上最強です。こんなうまくはいかないですが。

それと変化に適応するために厳しめなキャッシュ計画をすることですね。

月々の返済は収入の(厳しめに見積もって手取りの)25%にとどめること。限度額いっぱいで借りないこと。もともと払っていた家賃 (生活レベル) を大きく上回らないことです。

低燃費でハイパフォーマンスのスキンケア

スキンケアはおこたっちゃダメですよ。

男で、どうしてもスキンケアできないって場合でも、アイクリームだけでもいいものを使って老けを防衛していくことをおすすめ。

顔全体に使うものは、安くてもオルビスなら品質よく男性と相性もよくておすすめです。

 

やっぱりスキンケアって保湿が大事なんですよ。

高すぎるとかえってケチったり、肌に合わなかったりしても意味がないので、自身に合っているものをケチらずじゃぶじゃぶ使えるほうがいい。

安くても無添加で保湿重視 + 高いが質の良いアイクリーム

お金を費やさなくても、これでバランス取れる。

なぜ「節約」なのか

浮いたお金で本当に必要なところに寄せていくためです。

余らせたお金で余裕のある人を目指しましょう。

 

本当に必要なこととは「健康に生きる」「投資して資産を拡大していく」「子供にいい教育を受けさせる」「自分と家族の時間を大切にする」などということです。