資産運用

【30秒でアメリカ投資】楽天・全米株式インデックス・ファンドの買い方

インデックス投資するにあたって、今、一番良い投資信託といって過言ではない『楽天・全米株式インデックス・ファンド』の買い方です。

投資をしてみたいけど、いまいちよくわからないという人向け

注文は一瞬で終わります。全米に分散投資するのも「こうも楽」というすごい時代になりました。

長期投資したいならばアメリカですが「なぜそうなのか」などの気むずかしい説明はナシです。このページでは、なるべくシンプルに買える手順だけです。

べつの投資信託を買う場合にも買い方は同じなので置きかえてみてください。

さっそくGO!

全米株式に分散投資したい

全米株式に分散投資

投資をするのなら早くにしてみるに越したことはない。

しかし、投資信託を買ってはみたいけど、あのネット証券のゴチャゴチャしたページが苦手で買えずじまいになっている人って意外に多いんじゃないかと思います。

トレーダーとして慣れていたって証券ページってわかりづらすぎる。

つまり誰にとってもわかりづらいもの。

証券ページは人を「おっくう」にさせますが、3、4回ほどのクリックで目当てのページにたどり着けるので、一度でも注文の感覚さえ覚えてしまえばやるようになる!

注文単位は100円から簡単にアメリカ投資はできます!!

 

ここでは冒頭のとおり、

楽天・全米株式インデックス・ファンド (通称「楽天・バンガード・ファンド」(あるいは楽天VTIとも呼ぶ)』という投資信託を買います。

 

そもそもインデックスとは、市場平均を目指すもので短期で儲けるものではないです。

長期積み立てに向きますが、長期だからこそ成長していけるものに投資していかなくてはなりません。

この投資信託は全米のあらゆる企業に分散投資するもので、すなわち、資本主義世界の王者たるアメリカ経済に連動させて運用していく商品です。

期待値が高く、分散が効いていて信託報酬も安いので、もっとも質の良い投資信託のひとつであるといえます。

「円のみ」でできますから難しいことは考えなくてよし。

このページで使うところは楽天証券になりますがSBI証券でもマネックス証券でもどこでもいいです。

楽天の投資信託だからといって楽天証券だけで取り扱っているわけではありません。

上記のようなネット証券なら買い付け手数料ゼロ (ノーロード) です。

『楽天・全米株式インデックス・ファンド』は「NISA口座」で買えますし「つみたてNISA」対象の投資信託です。

 

追記:『eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)』という投資信託も信託報酬が安くなりました。こちらの投資信託も質が良く、楽天VTIと同等かそれ以上の候補となりえます。

楽天証券にアクセス

まだ口座開設してないならば>>>楽天証券口座開設 (最短5分で申込完了)

※開設時、初めての方にとってはよくわからない設定があっても証券会社の「おすすめ」に従えば問題ないです。納税方法は「特定口座」を選択し、楽天銀行も便利なので合わせて開設しておくことなど。

証券情報やセミナーなどのメルマガはいっぱい届いてしまうので、必要ないなら後からでもいいので配信解除しておく。

 

楽天証券で楽天・全米株式インデックス・ファンドを買い付ける

①まずは楽天証券トップページからログイン

ログインの画面

 

②トップ画面の上のメニューから[投信]をクリック

メニューから投信をクリック

 

[投信スーパーサーチ]をクリック

楽天スーパーサーチをクリック

※その横にある[ランキング]ページに対象の投資信託があればそこから注文ページへと一発でいけます。
質の良い投資信託って人気でランクインされているはずですから、ここから探してみてもいいです。

 

[ 楽天 全米株式 ] と検索。でてきたファンド名をクリック

ファンド名を検索した画面

 

⑤対象の投資信託の注文画面がでてきました。
ここでは[通常注文]にしますが、積立設定したいなら[積立注文]から設定できます。もちろん (
つみたてNISA) を使ってもよい。

投資信託の注文画面

 

▽注文ボタンを押すと「目論見書の閲覧しますか?」とでるのでそれをOK

▽書面が表示されたら[次へ]をクリック

▽補完説明書に同意できたら同意のチェックを入れて[完了]をクリック

 

買付金額を入力。このときは口座区分NISA口座にして10万円分を買ってみることにしました。

分配金コース (分配金の受け取り方法) は、投資信託を買う場合には再投資の手間を省くことと複利効果を最大化するために[再投資型]を選ぶようにしています。

分配金が出るのかは、投資信託によってよりけりで途中で分配方針が変わる可能性もあります楽天・全米株式インデックス・ファンドの場合ここは関係ないです。

買付金額を入力

 

各項目をチェックしたらページの下の方の[確認]をクリック

 

⑦注文内容を確認して、下にある入力欄に『取引暗証番号』を入れて[注文]クリックで確定です。

注文完了の画面

 

これで終わりです。簡単でした〜。

注文照会で注文内容を確認してみる

注文照会 (トップページの資産合計の右側にも[注文照会]ボタンがあります) で確認してみましょう。右側の欄から |取消| をすることもできます。

執行待ちの注文照会の画面

 

左側の欄の |状況| 「執行待ち」だったものがいずれ「約定」にかわります。

約定後の注文照会の画面

 

申込の締切はその日の15:00までですが、申込日がファンドの休業日だと申込日は翌営業日となります。

 

投資信託についての補足知識

投資信託は株のようにリアルタイムで値段がつくわけではなく、1日に1回しか値段が決まりません (それが基準価格)。

『楽天・全米株式インデックス・ファンド』投資信託も、買付申込日の翌営業日の基準価額で決済されます。

そのほかファンド休業日や市場の休場により、約定日も遅れる場合あり。

このへんのことは投資信託の場合、あまり気にしてはいけません。シビアに急ぐものではなく、受渡までは5日くらいかかるものと思っておきましょう。

個別の株とはちがって直近の値段にあまりこだわらずに注文からゆるーく放置して運用するものです。

 

投資信託の買い方の心得

買付手数料は無料なわけですから、一度に大きく買うのではなく、少額づつ分けて買っていくほうが安全です。

例えば年36万の予算があるとしたら月に3万づつ買うなど。

市場の調整 (=押し目暴落) がでてくれば自分のペースで買い増していくのもよいですが、そのタイミングを計るのもめんどくさ or 難易度が高い」と感じたら自動的に積立設定しておくのがおすすめです。

 

「つみたてNISA」を利用することも大事なことです。

楽天証券では、積立方法を少額100円から毎日または毎月積立が選べます。

積立代金を楽天ポイントで支払うことが可能です!

関連:楽天証券は他の楽天サービスと組み合わせてお得に利用していきましょう

すべての消費行動を「楽天経済圏」におさめることによって金を貯める
すべての消費を楽天経済圏ですませるポイントほったらかし投資術

こちらは米国株の買い方です。チャレンジしたい方は参考にしてください
【米国ETFの買い方】楽天証券でアメリカの株や債券をドル建てで買う方法