FX

FXの利確のタイミングが難しい?うまくできないトレーダーが知らなくてはいけないコツ

この記事はFX初心者が「絶対に知っておかなくてはいけないこと」です

裁量のスインガー向きです。

 

今回のテーマは 利確 ( 利益確定 )。

初心者はポジションをもって、そのポジションをクローズ (利確) するときに全部をクローズしなくてはいけないと思い込んでいるところがあるのですが、それではダメだという話です。

FXのテクニカルの用語がわからない場合はこちらも見てください。

【FX】1枚絵で勉強するテクニカル分析!各指標とチャートの見方【株】

 

初心者は保有ポジションを利確するときに1回こっきりでしようとする

これ昔の私がそうだったのですが、、、なぜかFXは1回こっきりの勝負だと思い込んでいました。

ポジション持って、それをクローズするときは毎回毎回、全部をいっぺんに利確していた。

よくトレードは「利確のほうが難しい」といわれているところですが、たしかにせっかく含み益が出ているポジションを欲張りすぎて長く保有している間に戻ってきて微益で撤退ということを多く経験しました。(今もだけど)

ひどいときなんて含み益がのっていたポジションが、要人発言で大きく動いて一気にマイナス転落。

まさに天国から地獄。

「あのとき利確しておけばよかった」なんて嘆いても後の祭り。もう遅いのです。

このようなことを防ぐためには、節目ごとにしっかりと利確することやストップ注文でポジションを管理するということが年間の収益を上げる上で大切なことになってきます。

ただし利確が早すぎて置いてきぼりになるなんてパターンもよくあることで、それもまた悔しいこと。

なのでその中間、

「半分利確しておく」という選択を取ることが重要になってきます。

FXでは「半分利確する」ということを知る

例えば、買い目線で買いポジションを持っているとき。

あるレジスタンスライン (抵抗線) にさしかかったときに、それを超えていくかもしれないし、跳ね返されるかもしれない。これは誰にもわからないことです。

トレードで重要なことは「決めつけないこと」。

相場に「絶対」なんてことはないからです。

 

自分は超えていくとは思っている、しかしオシレーター指標などが明らかに買われすぎを示唆している場合、そのときこそ半分利確しておくということが大事です!!

 

下の図は保有している「買いのポジション」がレジスタンスラインにさしかかった場合、上に抜けるかもしれないし、そうじゃないかもしれない。そこで、半分は利確しておくという判断が必要になってきます。

買いのポジションがレジスタンスラインに差し掛かった図

仮に超えていったとしてもそれは結果論ですし、いつだってあらゆる確率の中で相場は生きています。

だからこそ下落してしまう可能性も考慮して、半分利確しておくというヘッジをかけることが初心者から抜け出すための一歩となるのです。

 

  • 上の図のそのあと

超えていった場合。半分利食いしても、もう半分でさらに収益を伸ばしていける。
買いのポジションがレジスタンスラインに差し掛かった後に超えていった場合の図

 

下落した場合。利食いしておいて正解だったパターンとなる。もう半分も建値付近にストップを入れておけば収益はプラスでおわる。
買いのポジションがレジスタンスラインに差し掛かった後に下落した場合の図

 

超えていってもよし、下落してもよし、このようにどちらにいっても利益を残せるように追い込んでいくことがFXでは大事なのです。

勝ってまでリスクは取らない。このことは建値にストップをおくという精神にも共通。

もちろん「半分」である必要もなくて3分の1づつとかでもオーケー。

とにかく「一部を利確しておく」ということも知ってほしい。

株式投資にも同じことはいえます。

値が吹き上がったら部分的にでも利確!

FX今回の一言まとめ

利確は分けていい。

1回でポジションとって全部を1度に解消しなくてはいけないなんてルールはFXにはないのです。

これFXに慣れている人にとっては当たり前のことでも、意外なほどに初心者はわかってないと思う。かつて私がそうでしたから。