アラミス ラボシリーズ

アラミスラボシリーズのスクラブ洗顔マルチアクションフェースウォッシュ

メンズデパートコスメでスクラブ洗顔ナンバーワンのマルチアクション フェース ウォッシュ』についてです。

とくにオイリー肌にはうってつけ!

マルチアクションフェースウォッシュのスクラブはゴリゴリしたものではなく、流砂みたいにサラサラとした細かいものです。

スクラブが苦手でも、そこまで刺激とならず驚くはず。

スクラブ洗顔ならばマルチアクションフェースウォッシュの一択

マルチアクションフェースウォッシュは、オイリーベタつき対策として使えるので、やはりオススメはアブラギッシュな人にです。

汗、油が過剰に分泌する夏になおさら使えます

アラミスラボシリーズのマルチアクションフェースウォッシュの容器

アラミス ラボシリーズマルチアクション フェース ウォッシュ

通常サイズは100ml、その2倍 (200ml) 容量のビッグサイズもあります。

現在、通常サイズはネットの安値で税込2,500円前後。

 

効果として、

これ使ったあとに肌を触るとホント滑らかツルツル、化粧水, 乳液と合わせて明るく健康的な肌に。ニキビなど皮脂毛穴トラブルがなくなっていく。

ヒゲを柔らかくしてくれる効果もあるのでシェービングしやすくなる。

香りもいい。スクラブ洗顔にしては泡はたつ方。

 

なんといってもスクラブが流砂のように細かいので、この洗顔以上に優しく皮脂を取り除いてくれる洗顔はないです。

created by Rinker
ラボシリーズ (LAB SERIES)
¥3,960
(2020/10/23 23:48:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

アラミスラボシリーズのマルチアクションフェースウォッシュの中身を出すところ
ニュッ

 

アラミスラボシリーズのマルチアクションフェースウォッシュの中身
線状に出てくるスクラブ粒子の入ったペースト

 

アラミスラボシリーズのマルチアクションフェースウォッシュの中身をすりつぶしたところ
スクラブは細かすぎて眼では見れない。

 

一応、泡だてネットで泡をつくってみましたが、スクラブ感がなくなったので泡だてネットは使う必要はないです。

アラミスラボシリーズのマルチアクションフェースウォッシュを泡立てたところ

 

普段別の洗顔使っていても、マルチアクションひとつ持っておくと役に立ちます。

毎日ではなく、たまに使うようにしても効果はでる。スクラブはむしろ使い分けがいい。

スクラブ洗顔について

マルチアクションは肌を傷つけない洗顔ですが、一応はスクラブなので普通の洗顔以上に注意することとして、

ぬるま湯で溶かした泡で、軽くなでるようにして洗うこと。
手と肌を直接合わせてゴシゴシするのではなく、手と肌の間の洗顔泡をクッションとするようなイメージで、泡を肌に転がすようにして洗うことがポイント。

そしてそのあとのスキンケアは特に徹底する。

化粧水 → 乳液 or クリーム。

 

注意・スクラブ商品は客を選ぶ

スクラブ洗顔は、特に使う人 (ターゲット層) を選ぶ商品です。

男性は、オイリーで毛穴のつまりやアブラギッシュに悩まされている人が多く、そのような人にはうってつけであっても、逆に乾燥肌、敏感肌、アトピーなどで肌が極端に弱い人はスクラブ自体使わないほうがよいです。

ある人にとっては最善のものでも、別の人にとってはそうではない。

 

他の質の悪いスクラブ洗顔ではいつまで経っても結果はでない

脂性肌や毛穴を改善したくとも、スクラブ洗顔で質の悪いもの (≒安いもの) はやめておいたほうがよい。
そのへんのスクラブ洗顔だとゴリゴリ大きな塊によって肌痛めます。

スクラブではない洗顔で安いものにしたほうがまだいいです。

皮脂を取り除くつもりでいても、安いスクラブ使いすぎはバリア機能を削がれた肌がそれ以上に皮脂を分泌してしまう。

スクラブ洗顔をするならば、マルチアクションフェースウォッシュくらいの細かいスクラブでないと肌を痛めるだけ。

引き締めをうたう安いローションは効果なく、安いスクラブ、安いピーリング剤となると逆にひどくなる恐れもあるので、少しの予算をかけて基礎ケアを毎日徹底したほうが、油脂も毛穴もイチゴバナも改善していきます。

安いもので時間と肌を消耗するくらいならば、ラボシリーズをとっとと始めたほうが結果まで早い。だてに高いだけでないです。

関連オススメ:メンズエイジングケアをはじめるのに評判の良いアラミス ラボシリーズ

 

あと、鼻の穴の白い皮脂は放っておくこと。無理やりほじくり出さないこと。

顔は触らずに、ひたすら洗顔、化粧水、乳液基礎ケアさえ重ねていけば目立たなくなっていく。

マルチアクションと合わせて使う化粧水

スクラブは、そのあとのスキンケアが特に重要となります。それができてこそ洗い終わった肌への相乗効果がある。

何度も言います。絶対に化粧水、そのあと乳液 or クリームを使うこと。

削ぎ落とした乾いた肌には、質の高いもので補填したいのでやはり同じラインで固めるのが理想。

マルチアクションフェースウォッシュに合わせて使う化粧水乳液は、

化粧水:アラミス ラボ シリーズ ウオーター ローション RE (200ml)
乳液:アラミス ラボ シリーズ エイジ R+ (50ml)

 

マックスLSなど、もっと高級なものを使ったとしても、洗顔だけはマルチアクションフェースウォッシュのままでも遜色ないくらいこの洗顔は質がいい。

マルチアクションフェースウォッシュと資生堂メン洗顔を比較。

アラミスラボシリーズのマルチアクションフェースウォッシュと資生堂メンのクレンジングフォームを並べた写真

資生堂メン『クレンジングフォーム』との比較です。

関連記事
特に30代のおすすめ洗顔ってなると…【メンズ クレンジングフォーム】

よく比較される高級メンズ2大ブランド。

重視のメンズ洗顔も、資生堂メン クレンジングフォームマルチアクションフェースウォッシュの2強。価格とのバランスを考えてもこれらよりいいのはなし。

比較の答えはわかりやすいです。スクラブが嫌ならクレンジングフォーム、そうでないならばマルチアクションフェースウォッシュでハナシは終わる。

乾燥肌ならば資生堂メン、オイリー肌ならマルチアクションフェースウォッシュでいいんでないかと。

 

皮脂や汚れは、マルチアクションフェースウォッシュのほうが取り除けますが、

資生堂メンのほうが泡立ちますし、泡も資生堂のほうがモチモチやさしい。

肌が弱いならば、スクラブは使わないほうがよいのでクレンジングフォームにしておいたほうがいいです。

あえて両方を使い分けることがおすすめ

スクラブと資生堂メンの両方を使い分けていくことが私の答えです。

1種類だけを使っていようが使うペースは同じなので両方買うことは決してムダづかい ではなく

スクラブを週2回にするなど肌のコンディションや季節によって使い分けることができるので、この出費は絶対にムダにはなりません。

自己投資のためには必要なこと。

マルチアクションフェースウォッシュとスクラブ洗顔についてまとめ

スクラブ好きや皮脂の悩みにマルチアクションフェースウォッシュ。

手と肌を直接すり合わせて洗うのではなく、泡を挟むような感じで優しく洗うこと。

乾燥肌、敏感肌には資生堂メンクレンジングフォームのほうがよい。

マルチアクションフェースウォッシュは毎日使えますが、肌によってスクラブは週2回にするなど、スクラブでない洗顔との使い分けも大事。